夏の遮光カーテン、こだわるべきポイント

遮光カーテンにはレベルがある

遮光カーテンには1級から3級までの「等級」というグレードが存在します。
遮光1級カーテンは遮光率99.99%以上。2級が遮光率99.80%~99.99%未満。3級で遮光率99.40%~99.80%未満です。

画像は遮光1級の暗幕生地のカーテンです。
光を遮るということは、熱だけでなく光も減らすというのがよくわかります。ホームシアターなどには暗い1級が適しています。しかしダイニングや居間にはあんまり遮光性が高いと、雰囲気が暗くなってしまいます。部屋の用途・使用する時間帯に合わせて選びましょう。

色と柄で遮光度が変わる!?

一般的に遮光カーテンは、生地に黒い繊維を混ぜることで光を遮る仕組みです。理科室のカーテンなどから分かりますが、暗い色を選べば遮光率は高くなります。逆に明るい色を使えば遮光率は下がり、日の光を適度に部屋に入れることができます。

部屋にどんな色のカーテンを配置するかには、3つの原則があります。「家族全員が落ち着く色」「来客を考えた色」「攻撃的な色は避ける」です。

0 00

出典: ciel.am

個室ならOKですが、リビングなどの共有空間においては無難な色を線地区するべきです。「アースカラー」と呼ばれる色「ベージュ系」「ブラウン系」「グリーン系」の色に囲まれると人は心が落ち着きます。

0 00

出典: www.monreve-japan.jp

リビングなどの共用空間は、お客様を応対する場所です。やはりアースカラーをベースにカーテンを選べばお客様にも落ち着いた雰囲気を与えることが出来ます。

0 00

出典: jp.curtainhomesale.com

基本的に長い時間過ごすリビングのカーテンや睡眠をとる寝室に赤などの攻撃的な原色系を使う事は避けましょう。やはり強い色は人を不安にさせ落ち着けなくさせます。

裏地で部屋にあるカーテンを遮光できるように改造!

0 00

出典: www.interior-box.com

カーテンは窓を大きく覆うため部屋の雰囲気を大きく左右します。せっかくこだわったカーテンを変えるのはついためらいます。そんな時には生地を後付してしまいましょう。画像のようなカーテンに生地を縫い付けるタイプと、内側にもう一つカーテンをかけて二重構造にするやり方があります。

0 00

出典: www.interior-box.com

フックでとりつけるので、季節によって等級を変えたり、逆にカーテンをとりかえて季節感を出すこともできます。

窓と遮光カーテンの形状差に注意

0 00

出典: www.shops-onami.com

普通のカーテンは窓が隠れれば問題ありません。遮光カーテンの場合は設置形状に注意しなくてはなりません。何故ならばカーテンを設置した左右・上下の隙間から「光漏れ」が起きる事があるからです。防止するには窓に対して遮光カーテンのサイズを少し大きくするのが一番簡単な方法です。

In Uncategorized  

Comments are closed.

Customer Service

Informations

    Extras

    Text Widget

    Aliquam ut tellus ligula. Nam blandit massa nec neque rutrum a euismod t ellus ultricies! Phasellus nulla tellus, fringilla quis tristique ornare, condi mentum non erat. Aliquam congue or nare varius.