南の島カオハガン島で作られるキルト7選

フィリピンセブ島から船で約1時間弱に位置するカオハガン島。島のオーナーである日本人崎山さんと奥さんのじゅんこさんが島民とともに共存している島です。奥様のじゅんこさんの指導で始まったキルト制作。現在は世界各地で展覧会をするほど見事な作品がたくさん出来上がっています。

ヤシの木がいっぱいの島を表現したキルト

カオハガン島にたくさん生えているヤシの木。そこに暮らす鳥たち、そして犬や猫。自然豊かなところでみんなが仲良く共存している様子が描かれています。

夕焼け?朝焼け?子供たちが遊んでいます

海の中の珊瑚や魚たち、島の上では楽しそうに遊ぶ子供たちと犬。赤く染まった空には様々な鳥も飛んでいます。ビーチに置かれたコテージも南国の雰囲気が出ています。

島に咲くプルメリアの花がまるで香ってくるようです

島に咲く様々な花の中で特に香りもよく人々の目を引くプルメリア。がっしりした幹、力強く咲く花を見事に表現しています。

海中を表現したさわやかなキルト。お父さんは漁師さんかな?

カオハガンの海の中で良く見かける水中生物が描かれています。上のほうにバスケットがありますが、もしかしたらお父さんは漁師さんで、取れた魚をお母さんがこのバスケットに入れて、売りに行っているのかもしれません。

きっとお母さんが大好きなんでしょうね

家事をするお母さんとそこにじゃれる猫。電気もガスもない島の様子がうまく表現されています。食卓が外というのも島の生活ならではです。

島の全体像をうまくとらえています

小さな島に生い茂るヤシの木、ビーチに停泊している小船、そして手つかずの海の中を楽しそうに表現しています。

島の様子を描いたキルト

50キロ平米の小さな島の様子を表しているキルトです。ヤシの木の下には家や商店、そして飼われている動物がカラフルに描かれています。

Comments are closed.

Customer Service

Informations

    Extras

    Text Widget

    Aliquam ut tellus ligula. Nam blandit massa nec neque rutrum a euismod t ellus ultricies! Phasellus nulla tellus, fringilla quis tristique ornare, condi mentum non erat. Aliquam congue or nare varius.